So-net無料ブログ作成

サルスベリ(百日紅) [季節]

暑いなか街の中を歩いていると目につく花木がある。サルスベリである。夏の間100日は咲くという意味で百日紅と呼ばれている。実際には、どうやら一度咲いた枝先から再度芽が出て花を咲かせるため、咲き続けているように見えるのだという。不思議な花である。
・炎天の 地上花あり 百日紅      高浜虚子
・散れば咲き 散れば咲きして 百日紅  加賀 千代女


コメント(0) 

やっと梅雨明け宣言 [日記]

気象庁は29日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。昨年より30日遅く、平年より8日遅い梅雨明けとなった。そして、早々に33.7℃を記録した。
明けても明けなくてもいろいろ言いたくなるのだが、これから先は、“暑い暑い”と言ってこぼすのだろう。予報によると、今年も晴れの日が多く、真夏日はもとより猛暑日が続くのではないかと予想されている。それに加えて、朝晩も気温が下がらない熱帯夜が続き、寝る時もエアコンが必要になりそうだ。老人には厳しい時期に入ってきた。

コメント(0) 

大船渡高校の佐々木投手の夏 [日記]

甲子園を目指して毎日晴れの代表校が決まってきている。その中にあって、最も注目されていた岩手県大船渡高校は、エースで160キロの速球を投げる佐々木投手が決勝戦に登板することなく花巻東高校に大敗した。
この試合には、プロのスカウトをはじめ、佐々木投手の雄姿を見たいとして集まった大観衆もさぞかしがっかりしたことだろう。しかし、連投して起こりうる「故障を防ぐため」という監督の判断には賛否両論の言い分があるだろうが、本人はどうだったのだろう。おそらく、彼も甲子園を目指して練習を積んできたはずで、悔しかったに違いない。せめて1回でもいいから投げたかったのではないか。


コメント(0) 

水泳は大丈夫か [日記]

今韓国の光州で世界水泳が開かれている。日本選手は軒並み不振で、昨日やっと200m個人メドレーで、瀬戸大也選手が金メダルをとった。池江選手がいないというだけでこんなにメダルの違いあるのかと改めて池江選手の存在の大きさと回復を願わずにはいられないだろう。そして気になることがある。自分の記録を破って負けてもそれは良く頑張ったということになるが、それもできないでメダルを取れなかったのは残念だと言う選手がいるが、身の程知らずというものだ。東京オリンピックは大丈夫かと疑いたくなるというものだ。
コメント(0) 

まだら模様の梅雨明け [日記]

気象庁は24日、九州、四国、近畿、北陸地方の梅雨が明けた模様だと発表した。いずれも昨年より15日遅い梅雨明けとなった。そして、これらの地域の入梅時期が6月26日だったから1ヶ月弱の短い梅雨の期間だったということになる。ところが、一緒に入梅したはずの中国地方はまだだし、これらの地方より19日も早く入梅した関東地方などはまだぐずついた空模様が続いている。一体いつになったら明けるのだろう。どうみても、異常としかいえない気象だということになる。

コメント(0) 

オリンピック・モード [日記]

来年の今日(24日)には、東京五輪の開会氏が開催される。それに向かって色々な競技施設の建設が急ピッチで進められている。メイン会場となるオリンピックスタジアムも90%は出来上がっているという。そして今日から色々なポスター等の表示が行なわれて、街の表情も一変してオリンピックを盛り上げるモードに入ってきた。
ただ、一つだけ気になることがある。それは梅雨明け後の猛暑の期間(7月24日~8月9日)に重なっているだけに、どんな予期せぬ出来事が起こってくるか、余計な心配をしたくなるというものだ。

コメント(0) 

プロジェクトマネジメントに関する公開講座 [日記]

 昨日(7月22日)、久しぶりに公開講座を開いた。「プロジェクトマネジメント」に関する体験コースで、いつもは企業に行って実施しているものをコーチングのプロの皆さんを対象に公開形式で行なった。プログラムは2部に分かれていて:
午前中は、プロジェクトを運営するために必要な20項目をどういう順序で進めるかを考えるもので、まず①個人で考え、その後で②グループ討議で考える、というもの。当然答えがあり、個人で考えるのと結果がどう違うかを偏差値で評価します。
午後は、午前に実施した結果をある評価基準に従って参加者全員が評価すると、自分たちのコンセンサスの特長が見えてくるというものです。
参加者たちはプロとはいえ、「目から鱗」といって感想を述べられていました。

コメント(0)