So-net無料ブログ作成

消費増税の行方 [政治と経済]

 政府は30日、消費増税関連法案を閣議決定し、国会に提出した。野田総理はこれまで繰り返し「政治生命をかける」と発言されていたが、少なくともここまではぶれない姿勢を示された。法案では2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げることになる。
ただし、これがすんなり成立するとは限りない。
まず、参院の逆転国会で法案が通るには自民、公明の協力が必要であること。
第二に、与党内で不穏な二つの動きがあること・・その一つは、連立を組んでいる国民新党の亀井代表が連立離脱を表明されたこと。二つ目は、民主党内の動きで、小沢グループが消費増税に反対し、採決で反対すると息巻いていること(これだけ重要な法案に反対するなら離党して反対すればよい)。
したがって、法案の成立は予断を許さないが、もし成立しなかった場合はどうなるかを想定すると、何としても成立させてほしいと言わざるをえない。
政治不信が蔓延する中で、このような重要案件ではしっかりと決断できる姿勢を示してもらって、政治に対する信頼を取り戻してほしいものだ。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。