So-net無料ブログ作成
検索選択
人口問題 ブログトップ

顕著になった人口減少 [人口問題]

 1年を振り返るなかで忘れてならないのは、人口の減少である。先日21日に厚労省が今年の人口動態推計を発表した。それによると、出生数は98万1000人で、過去100年間で初めて100万人を割り込んだ。一方、死亡数は129万6千人で、戦後最多を更新した。その結果、「自然減」は31万5000人で、10年連続となった。
この数字は、地方の大きな市の人口と同じで、毎年、1都市がなくなっている計算になる。
しかも、団塊の世代が後期高齢者に入る2020年以降にはもっと顕著になって、1年で50万人減がやってくるのだ。そのときは、都市ではなく県が無くなっていくほどの勢いである。
しかも、それは近未来のできごとで、ほぼ想定内のことである。
これを止めることはできないが、緩和することができるはずだ。安倍首相は外に行って気前よくお金をばら撒いているが、内に向けることを考えられてはどうか。

コメント(0) 
人口問題 ブログトップ