So-net無料ブログ作成

まだ終わっていなかった「森友学園」問題 [日記]

 国会中継を見ていると、野党議員が森友学園問題で政府を追求している場面が映っていた。同学園に対する国有地売却問題で、これまでの政府の説明と食い違う新たな資料が出てきたためだ。財務省が「廃棄した」と主張してきた売却交渉に関する内部文書が存在していて、そこには「売買価格の事前交渉に努める」との記述(以前の答弁では事前交渉を否定していた)があった。
さらに、籠池前理事長が首相夫人から電話があったことについて言及している音声テープが存在しているのが明らかになった。
これらの材料が出てきたことで野党は追及を強めるようだが、国民から見れば、早く事実が明らかになり、不毛の議論に決着をつけてほしいと思っているに違いない。

コメント(0)