So-net無料ブログ作成
検索選択

7月の台風 [気候]

このところ、東京地方はぐずついた天候が続いているが、これは台風5号の影響だという。
7月に入って、すでに7個の台風が発生し(平均は3.6個)、太平洋上にはまだ、5号と10号が居座っている。特に5号は迷走していて、先に発生している台風がすでに消滅しているというのに、これから発達しながら日本列島に近づいてくるのだという。発生件数が増えるのも地球温暖化の影響によるものだとすれば、地球規模での対策が待たれるはずだが、みんなの問題は誰の問題でもないという無責任な発言が出てくるのだが、もうそんなことを言っている余裕はないはずだ。

コメント(0) 

遅すぎた辞任 [政治と経済]

稲田防衛大臣は、PKO部隊の日報問題で陸上自衛隊が「廃棄した」と説明しながら保管していた事態などを受け、辞任する意向を固めたという。今日(28日)にも、特別防衛監察の結果が公表されることになっていて、その前に辞任を発表することになった。すでに、事務次官、陸幕長も辞意を発表しているだけに、これは遅すぎた辞任としか言いようがない。
問題の本質は、国民に対してきちんと説明責任があるのに、それをやらないでうやむやな状態の中で意思決定がなされるところにある。これは、加計学園等にも共通する問題であり、もっと透明性のある国政を期待したいところである。

コメント(0) 

体温調節が難しい [季節]

こう暑くては、ついつい薄着になってしまいがちだが、一方で電車に乗ると、今度は冷房が効きすぎていて寒くてしようがない。暑いところと寒いところを行き来するので、体温調節が難しくなってくる。夜も暑いとついエアコンをつけて寝ることがあるが、これはあまり体によくない。夏風邪をひかないようにするのが大変だ。夏の難題である。

コメント(0) 

獣医大学を認めるのが国家戦略? [政治と経済]

昨日の参院予算委員会での「加計学園」を巡る審議を見ていると、疑惑が晴れたとはとても言えない。新しい情報が出るたびに疑惑は深まり、安倍首相の説明に矛盾が生じてくるのは見ていて痛々しい。それよりも、獣医大学を認めるか否かを議論するのが国家戦略になるのだろうか、という素直な疑問が残る。国家100年の大計とまではいわないが、人口減少が見込まれる中で、日本がどう生き残っていくのかという展望のもてることを議論して欲しいものだ。国民は将来に不安を感じている、それにどう応えるかが政治に求められることだと思いたい。

コメント(0) 

これで言行一致? [政治と経済]

昨日の衆院予算委員会の集中審議を見ていて、どうしても腑に落ちないことがある。安倍首相は、[丁寧に説明する]と言われていたが、加計学園の認可を巡っては一点の曇りもない、として身の潔白を主張されるものだから、色々な関係者もそれに合わせた説明をせざるを得ない、という構図が改めて浮き彫りになった。とても「丁寧」とは言えない説明振りである。一方野党側も結構追及しようとしたが、「記憶にございません」という壁に押し返されてしまった。事実の積み重ねでこの嘘を跳ね除けていくしかないのだろうが、これで終えてほしくない。今日は参院で集中審議が行われる。

コメント(0) 

猿滑?百日紅? [季節]

漢字で書くとなかなか読めない。今を盛りに咲いている花と言えばサルスベリであろう。イメージからすれば、樹皮が剥がれ落ちてスベスベになって「猿も滑る」だろうが、何故かパソコンの変換では百日紅がでてくる。この時期、100日は咲くという意味で付けた当て字だろうが、昔は紅色が多かったのではないか。今は白色の花もあって、街路樹としても重宝がられているようだ。ただ、民家の庭先には紅色が目立っている。

コメント(0) 

日本の不幸 [日記]

 最近の世論調査で、安倍内閣の支持率が急落し、ついに危機ラインといわれる30%を割り込むという事態にいたっている。その原因はどうであれ、安倍首相個人に対する不信感が出てきたのは間違いない。それに伴って、自民党の支持率が落ちているのは当然のことであるが、なぜか民進党の支持率まで落ちているのはどういうことか。増えているのは無党派層だけというのは政治に対する不信以外の何ものでもない。国民のほうを向かない政治家は選挙で落とすしかない。

コメント(0)