So-net無料ブログ作成

権力は腐敗する [日記]

お隣の国の前大統領が逮捕された。国としては3人目の大統領経験者の逮捕である。容疑としては、収賄や職権乱用、強要、公務上の秘密漏洩など13件もあげられており、首を傾げたくなることばかりである。トップに上り詰めると、“これぐらいのことは許される”と思って公私混同が始まる。それに対して誰も注意しない(できない)。見て見ぬ振りをする。そして、エスカレートしていく。人間のすることはどこでも同じことか。子どもに道徳教育を施す前に、政治家こそ道徳を学ぶ必要があろう。もっとも、高潔な人は政治家にはならないのかも知れない。

コメント(0) 

原子力は魔物 [日記]

東芝傘下にある米原発製作会社であるWH(ウェスチングハウス)が米連邦破産法の適用を申請した。これにより、東芝は今3月期決算で1兆円を超える赤字を計上するという。原発は安全・安価という神話のもとに世界中で原発の稼動・新設が行われてきたが、6年前の東電福島原発の事故をきっかけに大幅な規制強化が行われ、製作することも稼動させることも決して旨みのあるものではないことを知らしめたことになる。原発について考え直すきっかけになればと思う。

コメント(0) 

大学というところ [日記]

ある大学で、学生の就職支援講座をもっているが、3月末で終わることになった。その理由は、大学は3月末で今年度が終わるからだという。早くから言われていたからその積りであったが、学生たちにしてみれば就職戦線はこれからが本番だとときに担当者が変わることに戸惑いは隠せないところだ。就職というのはある意味でその人の一生を左右することになるが、途中で担当者が変わることで、指導方法に断絶が起こってしまうのがこわいところだ。新しい担当者も学生一人ひとりのことを知るまでに時間がかかって、どこまで指導できるか不安だろう。
学校というところは案外古臭い形式的な考え方がまかり通っているところのようだ。

コメント(0) 

花冷え [日記]

東京では、ここ数日間は寒い日が続いていて気温も10度を割り込んでいた。しかも昨日には、都心でもミゾレ交じりの雨が降って咲きかけた桜の開花を遅らせたのに違いない。幸い今日は3日ぶりの晴れになったが、寒さは幾分和らいできた。そんななか、しだれ桜だけはほぼ満開になって、ソメイヨシノが咲いてくるのを待っているかのようだ。

コメント(0) 

稀勢の里の優勝に沸いた [日記]

大相撲春場所の千秋楽(26日)で、新横綱の稀勢の里が本割で照ノ富士を破って決勝戦に臨み、そこでも勝って優勝した。その2日前には左肩付近を負傷し、次の日にもあっさりと負けていただけに、この勝利を予想する人はいなかったに違いない。さすがに本人も涙を流して「自分の力以上のものが最後に出た」とインタビューで語っていたのが印象的だった。
おそらく、日本中の人たちが、テレビの前で拍手を送ったことだろう。
新横綱の優勝は22年ぶりのことで、しかも2連勝となった。しばらくは稀勢の里の時代が続くと思いたい。

コメント(0) 

窮鼠猫を噛む [日記]

森友学園については、その教育方針・内容について頭を傾げたくなるようなことが報じられていたが、昨日の理事長の証人喚問を見ていて、核心になっている国有地の購入問題についても疑問が深まるばかりだ。多くの人が、その教育方針に賛同して好意的に扱っていたが、問題点が報道されるようになると、手のひらを返したように離れようとした。孤立無援になった理事長側が“今になって・・・”と言って反旗を翻すことになった。このような構図が見え隠れしている。証人の発言が間違っているなら告発すればよい。そのままうやむやにすることは証人の発言内容が正しかったことになるのだ。

コメント(0) 

標本木の確認 [日記]

一昨日(21日)に桜の開花宣言が出たということで、昨日昼食後に足を伸ばして靖国神社に行ってみた。多くの人が写真を撮っている一角があるのですぐにそこが標本木だとわかる。見上げてみると、確かに5輪以上の花が咲いているのがわかる。中には数えている人もいて、10輪までは確認してあきらめたようである。写真を撮っている外国人もいて、国際色豊かな風景である。

コメント(0)