So-net無料ブログ作成
検索選択

変装願望 [日記]

今朝出勤時に、新宿駅に向かう路上で、ハロウィーン帰りと思われる一団に出会った。思い思いの衣装を身に着けているのですぐにそれとわかる若い人達だ。おそらく昨晩から繰り出し、祭り?を楽しんだ後、どこかでたむろしていたのだろう。
マスコミでも報道しているので、渋谷駅周辺とか特定の繁華街には大変な人だかりができて、むしろ混雑そのものを楽しんでいるとしか思えない。本来は子どものお祭りだが、日本では非日常性を楽しみたいという大人のお祭りになってしまっているようだ。それだけ、日常は楽しくないのかと思ってしまう。
今日(10月31日)が本番のはずだが、今晩はどんなことが起こるのだろう。
コメント(0) 

人口減少と高齢社会 [日記]

総務省は26日、2015年に実施した国勢調査(5年ごとに実施)の人口等基本集計結果を発表した。それによると、2015年10月1日現在の人口は、外国人を含め1億2,709万5千人となった。今回調査結果の特徴は以下の通りである。
1.1920年(大正9年)の調査開始以来、人口は初めて減少した。
2.前回(2010年)に比べて96万3千人(日本人だけでは107万人)減少した。
3.65歳以上の人口は3,346万5千人(うち75歳以上人口は1,612万人)で、総人口に占める
割合は26,6%であった。
4.15歳未満の人口は1,588万7千人(12,6%)で、75歳以上人口を下回った。
人口統計だけを見ると悲観的な未来が見えてくる。しかし、人工知能(AI)等の進歩により生産性を上げることができ、人口減少をカバーすることができるという楽観的な見方もあるがどうだろう。

コメント(0) 

2勝2敗 [日記]

プロ野球日本シリーズは2勝2敗となり、どちらに転ぶか面白くなってきた。両軍とも本拠地で勝利を収めるという構図になっている。この調子では最終の7戦まで行きそうな雰囲気になってきた。また、このシリーズを最後に引退すると表明した広島の黒田投手の投球が印象的だった。極めて冷静に、かつ大胆に投球する姿を見ると、まだまだやれるのではないかと思うのだが、本人は自分の限界を心得ていて、まだ余力を残しているところで辞めたいと思っているのだろう。試合では6回まで投げてアクシデントに見舞われて交代となったが、そのダイナミックな投球フォームは、野球好きな人達の脳裏に刻み込まれたことだろう

コメント(0) 

問答無用 [日記]

フィリピンでは、麻薬犯を見つけたら殺してもよい、という大統領が現れた。勿論法律はあるのだろうが、麻薬犯だけは超法規的に殺人が許されるのだ。それによって、就任後の100日間で約4,000人が殺されたという。まさに問答無用である。そのドゥテルテ大統領が昨日来日された。大統領の過激な発言が世界を驚かせているが、日本でどんな発言が飛び出してくるか興味津々である。天皇陛下、安倍首相とも会談されるという。何が話し合われ、何が交渉されるのだろう。日本だけでなく、中国、アメリカが固唾を呑んで見守っているはずだ。

コメント(0) 

みんなの責任は誰の責任でもない [日記]

東京都民が今一番関心をもっているテーマは、やはり豊洲市場問題とオリンピック会場の変更の問題だろう。もし小池知事が誕生していなければ、何事もなかったかのように進められたことだろう。それを思うと、いかにガバナンスの問題が大事かということが良くわかる。誰がどの段階で意思決定したかという都議会での質問に対して、「なんとなく決まっていった」と言ってはばからない東京都の責任者の答弁を見ると、「みんなの責任は誰の責任でもない」というガバナンス不在の構造が見えてくる。その決裁書に押印してもなおかつ「わからない」と言うのだから推して知るべしだ。その当時の知事である石原氏も潔く都議会に出向くべきだろう。

コメント(0) 

AIはどこまで進歩するか [日記]

すでに旧聞に属するが、囲碁ソフト「アルファ碁」が世界のトップクラスの棋士を打ち負かしたというニュースが世界に衝撃を与えた。日本では、先日将棋の対局(竜王戦)で、挑戦者が将棋ソフトを使っているとして出場停止処分を受けることになった。
その真偽は別として、ソフトがそこまで進歩し一般化したのかと改めて思い知らされたニュースである。それらのソフトはAIを採用していて、過去の膨大な対局のデータ(ビッグデータ)をもとに自ら次の一手を考えることができる(ディープラーニング)のだ。
その延長線上に考えられることは何か?人間が論理的に考えることの殆どをAIがこなすようになり、人間の仕事を奪ってしまうのではないかということだ。20年後には現存する仕事の50%はなくなるという予測もある。しかし、新しく生まれてくる仕事もでてこよう。そのときの労働環境はどうなっているのだろう。

コメント(0) 

内定辞退 [日記]

大学生の就活の手伝いをしていると、ときどき内定辞退の相談を受けることがある。理由は今回の電通のようなケースだ。学生はどうしても名の通った会社に入りたいと思う。そして、会社ではバリバリ仕事をする、プライベートでも好きなことする・・という生活を夢見るのだが、よく調べると、会社がすべてという実態が見えてくる。そこで悩んで相談に来るのだ。
結局内定を辞退することになるのだが、おそらく電通でもそれが起こるのではないか。口先だけで残業規制をしたところで、同じことが続く。実態を変えるには企業文化そのものを変える必要があるのだ。

コメント(0)