So-net無料ブログ作成

やっと明けた梅雨 [日記]

気象庁は昨日(7月28日)、関東地方の梅雨明け宣言を行った。平年より7日、昨年より18日遅い梅雨明けとなった。天気予報によると、これから1週間ぐらいは高気圧に覆われ、晴れる(暑くなる)日が多くなるという。
ところが、長い入梅期間にもかかわらず、降水量は東京で平年の86%、宇都宮で55%にしかならず、水源池は水不足になっている。
そのため、梅雨明けと同時に取水制限が行われようとしている。後は台風頼みか。

コメント(0) 

弱者への不寛容社会 [日記]

昨日ショッキングなニュースが駆け巡った。障害者施設の入居者19人が、26歳の元職員
によって殺害されたという。逮捕ざれた犯人は、「障害者なんていなくなればいい」「安楽死させたほうがいい」とうそぶいているという。そこに勤めていた人(犯人)にしか見えないこともあるだろうが、この事件を個人の資質の問題として片付けてしまうと、また、この種の事件が起こるのではないか。これは弱者に対する社会の寛容の問題である。しかも、犯人も弱者に近い人だと思われる。「このような人たちがいなくなれば、自分は・・・・」という発想(妄想)だ。社会が寛容に向かう中で、個人が不寛容になる・・・・格差社会の向こうに見える縮図なのかも知れない。

コメント(0) 

きらめき未来塾の準備状況 [日記]

きらめき未来塾は、来る8月4日~7日の日程で、全国の高校生60名を対象に合宿研修を行います。12回目(12年目)にして初めて東京開催となり、国立オリンピック青少年センターを舞台に東京都の教育委員会や板橋区など多くの団体の協力を得て開催することになりました。事務局を預かる身としては、総勢80名の受け入れ体制と、教材づくり、講師やサポーターとの連絡など多くの業務をこなすのに汗だくの状態である。
そのなかで、昨日全員に配布する教材「しおり」を完成することができ、今日発注することになった。やっと一息つくことができるが、まだ、名札、チーム編成、部屋割りなどの細かな仕事が残っている。

コメント(0) 

サポーター研修 [日記]

「きらめき未来塾2016」は、予定していた60名の受講生を募集することができた。そして、その受け入れ準備に大童の毎日だ。その一環として、昨日、受講生の指導係であるサポーターの皆さん(総勢10人の一部)に集まっていただいて、役割の確認と行動について研修を行った。
4日間(8月4日~7日)の合宿研修が有意義なものになるかどうかは、このサポーターにかかっているだけに、皆さん真剣に取り組み、改めて自分たちの責任の重さを自覚していただけたものと思っている。

コメント(0) 

都知事選 [日記]

都知事選が中盤に差し掛かっているが、地域が広いためか一度も選挙カーなどによる演説なるものに出くわしていない。誠に静かな選挙戦だ。ところがマスコミのほうは賑やかだ。それも政策を巡っての報道より、個人の中傷に近い記事が多い。これは裏に対抗政党があるはずで、これでは都民も誰に入れていいものか迷うだろう。いっそのこと、地方自治体の選挙は全員無所属にするというルールをつくったらどうだろう。

コメント(0) 

昭和の巨人亡くなる [日記]

先日来、昭和を象徴する二人のマスコミ人が亡くなられた。永六輔さんと大橋巨泉さんのお二人である。二人とも戦前生まれの昭和人である。今にして思えば、何もないが、希望だけがあった時代を生き抜いてきた人たちが、ほっと一息ついているところで、二人の軽妙な言い回しに自分を代弁してもらっていると感じたのではないか。
昭和は本当に遠くなった。

コメント(0) 

セミの声 [日記]

昨日(7月19日)、初めてセミの声を聞いた。今年は鳴き出すのが遅いなと思っていたところ、靖国神社の杜に近づくにつれてセミの声がして、やっと夏が来たという感じがしている。
セミの種類はどうやら、アブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミといったところか。
朝方はアブラゼミとクマゼミの声が、夕方になるとミンミンゼミの声が大きくなり、なんとなく忙しく感じるのは年のせいか。

コメント(0)