So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

ハナミズキとサクラ [季節]

桜の花が散り、葉桜になる頃を見計らったかのように、ハナミズキが顔を出す。この木の特徴は、桜と同じように先に花を咲かせ、後になって葉を茂らせるところにある。そのため、朝夕のぼんやりしているときには、桜と見間違えてしまうことがある。
ハナミズキは元はといえば、東京市長の尾崎行雄が日米友好の記念にソメイヨシノの苗木を寄贈した返礼として1915年にアメリカから贈られたと聞いている。そのため、花言葉にも「返礼」という名が付けられている。
この花は桜ほど散り急がないので、しばらくは楽しめそうである。


コメント(0) 

会社(ACC)のHPを書き換えました [日記]

この欄については、出社する日は毎日書くことにしていますが、会社(ACC)のPRをしたことはありませんでした。今日はその禁を破って少しばかりPRしたいと思います。会社の岩崎取締役が腕をふるってくれ、HPを一新しましたので覗いて見てください。
ACCの提供するプログラムには2つの流れがあります。
一つは会社独自のプログラムで、AMM(アドベンチャー・フォー・メンタルマネジメント), 社会人基礎力研修、Parenting(親業)研修等
二つ目は、米Human Synergistics社から提供を受けているコンサルティング用プログラム
OCI(企業文化)、LSI(ライフスタイル)、LI(リーダーシップ・コーチング)などです。
因みに、HPは以下の通りです。http://www.ad-coach.jp

コメント(0) 

奇妙な新入社員研修後の風景 [日記]

靖国通り沿いに、あるメガバンクの研修所がある。夕方通りかかると、若い社員たちがそのビルから出てくるのにぶつかることがある。リクルートスーツを着ているのですぐに新入社員だとわかる。彼らは一斉にスマフォを取り出して見始めるのだ。おそらく、研修時間中は見ることを禁止されているのだろう。そのため、研修が終わるといつもの習慣が出てスマフォを開けるのだ。隣に本人がいてもスマフォでやり取りする時代。機械を通してしか会話できない社会がやってきそうだというのも、あながち間違ってはいないのだろう。

コメント(0) 

友あり、遠方より来る [日記]

 昨日、大学時代の友人が事務所を訪ねてきてくれた。たまたま近くの高校を卒業していたので、土地勘があって直ぐに見つけられたという。彼に会うのはもう3年ぶりのことで、たまたま彼の知人(ある大学の元学長)も来られていて、何と4時間以上も積もる話に夢中になっていた。記憶をたどると、点が線につながり、意外なところで共通の話題が出てくるのには驚いた。公職から退いた人が、老いということにどう向き合って生きていくか、それぞれのケースを見たような思いだ。

コメント(0) 

葉桜 [季節]

 昨日からの強風と雨で、東京都心の桜は殆ど散ってしまった。その後から新緑の若葉が顔を見せ、すっかり葉桜へ変身してきた。今年は、開花の後に花冷えとなったことで、楽しめる期間が長かったように思う。今朝雨のなかを靖国通りを歩いていると、桜並木は緑に包まれ、街の風景はすっかり変わってきている。

コメント(0) 

杞憂 [日記]

 昔の中国の杞の国の話。天が落ちたらどうしようと心配で夜も寝られない、という男(?)の話だ。取り越し苦労の話として笑って済まされるが、最近は天から何が降ってくるかわからない。それも人間が打ち上げたものだ。シリアには毎日のように爆弾が落ち、ミサイルは飛んでくる。北朝鮮では失敗したとはいえミサイルが発射された。いつ、どんな物騒なものが飛んでくるかわからない。それに自然災害がやってくる。これを心配していたら夜も寝られない・・・きっと、そんな人もいるだろうが、杞憂に終わるという話で終わらせたい。

コメント(0) 

ユナイテッド航空の顧客対応 [日記]

今頃こんなことがあるのかと驚きの映像を見た。米ユナイテッド航空がオーバーブッキングして一人の男性乗客を強制的に引きずり降ろそうとしているところだ。その動画がSNSを通じてあっという間に世界中に拡散したものだからたまらない。同社には批判が殺到し、CEOが2度も謝罪したという。本人はその際負傷し、病院で手当を受けているという。
これが今後どう収束するかはわからないが、これが今のアメリカの実体だとは思いたくない。これを単にアメリカ企業のサービスのあり方としないで、他山の石とすべきことだろう

コメント(0) 
前の7件 | -